top of page
検索
  • 内田 信之

「浮世の画家」カズオ・イシグロ

半年に1冊程度のペースでカズオ・イシグロの本を読んでいる。この本が5冊目である。小野正嗣が解説で述べているが、人間の記憶の曖昧さ、曖昧でありながらその記憶の中で認識されたものが現実になっていくというちぐはぐさ。とても怖いことであるが、これが人間の記憶というものかもしれない。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「小林秀雄の謎を解く」苅部直

私より3年年下の法学部の教授が執筆したものである。法学部の教授が小林秀雄について言及することについては少々驚いている。「歴史の穴」「隠された流れ」「音楽」についての小林の考えを、なんとなくではあるが理解できるような気もする。

「死生観を問う」島薗進

死生学という学問は医療に従事するものにとって重要であろう。しかしこれを学問として勉強するよりも、様々な本、特に古典を読むことの方がより大事であると思う。もう少し人生を経験してから、自分なりの死生学、死生観を築き上げることができれば、それが本望である。

「死者の奢り・飼育」大江健三郎

学生の頃に大江の本を手に取ったことがあったが、当時の自分にはそれを咀嚼するほどの力も経験を持ち合わせてはいなかった。ずっと大江を一度はしっかり読もうと思っていたため、図書館で借りるのではなく文真堂で購入して熟読した。その時代の風潮が、気持ち悪いほど身に染みる。

bottom of page