top of page
検索
  • 内田 信之

「外套・鼻」ゴーゴリ、平井肇訳

ロシア文学の多くは人の心に強く訴えるものがある。これはロシア人の特徴なのか、ロシアの風土や歴史のなせるところなのか。アカーキイ・アカーキエヴィッチの生涯を、現代を生きる私たちはどのように感受すべきなのか。私たちは何らかの意見を言うべきなのか。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

良寛には固定して透明になってしまう内面状態はなく、否定をまた否定的に微分して流れていく曲線の鮮やかな流動によって、ようやく透明になっていく内面状態だけがある。その心境は常に流動があって、深さを堪えて停滞する状態は絶えず否定にさらされる。 大変難解な表現である。

奥が深い内容なのだろうが、面白みに欠ける。私の能力が乏しいことが原因なのだろうが、詭弁とも感じてしまうところがある。それはそれとして、魂の話そのものにはやはり興味がある。

内容の浅い短編が6つ掲載されている。それぞれとても短いので、すぐに読み切ってしまった。最後の「賢者の贈り物 (The Gift of the Magi)」は、誰でもよく知っている短編であるが、改めて読むとやはり気分がいいものである。

bottom of page