top of page
検索
  • 内田 信之

「古典文学読本」三島由紀夫

三島由紀夫は幼少のころからどれだけ古典の世界にどっぷりつかっていたのか。豊富な語彙を惜しげもなく注ぎ込み、日本の古典の美しさを教えてくれる。しかし難解な部分も多く、私の頭ではこの本を十分理解したとはとても思えない。またいつか読み直すことがあるだろう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「萩原朔太郎の俳句と俳句観」倉林ひでを

萩原朔太郎は私が愛読する詩人である。この詩人が日本の和歌についての評論を読んだことがあるが、俳句については全く知るところではなかった。著者は群馬県人である。とても興味深く読むことができた。

「二十六人の男と一人の女」ゴーリキー 中村唯史訳

表題作を含め4編の短篇集である。ロシア革命前のロシアの人民の生活が描かれている。それぞれの国にはそれぞれの歴史があることを強く実感する。人間の営みは実に儚く、悲しいものである。

「死刑囚最後の日」ユゴー 小倉孝誠訳

ユゴーは死刑制度に強く反対していたようである。この作品は27歳の時に書かれたものであるが、その年齢でこれだけのものが書いたとは驚きである。

Comments


bottom of page