top of page
検索
  • 内田 信之

「乳と卵」川上未映子

川上未映子の対談集をいくつか読んだところで、初めて彼女の小説を読む。芥川賞を受賞した記念すべき作品である。雪が溶け水になった。しかし雪の白さはどこに行ったのだろう 六つの星星のあとがきから

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カズオ・イシグロの作品は、いつも深い謎を投げかけてくる。AIの進歩は目にみはるものがあるが、その先になるものはいったい何なのか。人間の幸せを目的としているのだろうが、進歩すればするほど遠ざかっていくような気もする。

田辺聖子の気負うことない文章は私の好むところである。きっと人間的にもとても魅力のある女性だったと思う。ところで2009年に始めた私自身の奥の細道紀行は、ずいぶん長い間お休みとなっている。今年は再開できるか?

bottom of page