top of page
検索
  • 内田 信之

「まるまるの毬」西條奈加

直木賞受賞作家の作品である。文真堂で購入して読んだ。江戸時代の人情話は、何故だかとても懐かしい気分にさせてくれる。どうしてなのだろうか。楽しいとか、うれしいとか、おもしろいという感情ではなく、ただ単に懐かしい。 歴史とは思い出すもの。そう思う。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カズオ・イシグロの作品は、いつも深い謎を投げかけてくる。AIの進歩は目にみはるものがあるが、その先になるものはいったい何なのか。人間の幸せを目的としているのだろうが、進歩すればするほど遠ざかっていくような気もする。

田辺聖子の気負うことない文章は私の好むところである。きっと人間的にもとても魅力のある女性だったと思う。ところで2009年に始めた私自身の奥の細道紀行は、ずいぶん長い間お休みとなっている。今年は再開できるか?

bottom of page