検索
  • 内田 信之

「つらい時、いつも古典に救われた」清川妙

「いづくにもあれ、しばし旅立ちたるこそ目覚むるここちこそすれ」 兼好の言葉であるが、まさにこれを実践した女性であった。もう少しの我慢だろう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

竹西寛子の本は数年前にずいぶん読んだ。改めて読んだがやはりとてもよい。言葉はいい意味でも悪い意味でも確かに力を持っている。しかし我々は、普段そんなことをあまり考えない。野上弥生子の本もいずれ読んでみよう。

極端な意見も多いが、興味深く読み通すことができた。日本に生まれ、日本に生活する私たちは、日本の歴史を自分なりに考えることは重要である。